疲れや冷え性に負けない身体作りをしたい

「だるい。何となく調子が悪い。でも、病院へ行くほどじゃないし…」よほど重篤な場合を除き、「疲れ」の症状は自分自身で解消するしかない、というのがほとんどの人に共通する悩みかと思います。

このような「ささいな疲れ」が蓄積した結果、より大きな病気につながることがよくあるので、「風邪は万病の元」とは言いますが、むしろ「疲れは万病の元」と言い直したいところです。

「疲れ」は、忙しい現代社会に特有の「現代病」と呼んでも良さそうですが、ここでもう1つ、「“病気”と言うほどでないけれど、つらい症状」が出る“典型的な現代病”を挙げるとすれば、「冷え性」がその筆頭候補と言えるのではないでしょうか。
「冷え性=体温(平熱)が低いこと」と誤解されがちですが、「普通の人なら寒さを感じない場合でも、全身や体の一部に“冷えた”ような感覚がある」ことを「冷え性」と呼びます。

ブックマークサイト
楽曲は2人の思い出曲を選んで

冷え性は、ホルモン量の増減による自律神経の不調が原因で発症する、というのが最も有力な説とされています。ホルモン量の変動は、加齢や病気など身体的な衰えによっても起こりますが、ストレスや疲れといった精神的な衰えによっても引き起こされます。

一般的に、冷え性で悩む人は女性が圧倒的に多い、とされていますが、冷え性患者のうち9割が女性・1割が男性、という調査結果から見てもわかるように、冷え性の男性というのも決して珍しい存在ではありません。
もちろん、「冷え性になりやすい体質」、「もとから冷え性だった」というケースもあるかもしれませんが、多くの場合、環境や生活習慣が原因で冷え性を発症します。

つまり、「特定の性別・体質の人だけが冷え性対策をすれば良い」というわけではありません。
以上のように、実は、「疲れ」と「冷え性」には非常に密接な関係があります。疲れ対策は冷え性対策にもなり、その逆もまた然りです。

ブックマークサイト
小型犬〜中型犬に最適な室内犬用ケージ

では、「疲れや冷え性に負けない身体作り」として、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

「疲れや冷え性に負けない身体作り」の方法としては、例えば、空調に気を付ける、暖かい服装を心がける、簡単な運動をするといった身体的なアプローチに加え、ストレスを解消する、睡眠を十分に取る、といったメンタル的なアプローチ、食事に気を付ける、酒・タバコを控える、といった栄養学的なアプローチがあります。

ここでは、特別な準備を必要とせず、日常生活に簡単に取り入れられるような、疲れ・冷え性対策法をいくつかご紹介しますので、慢性的な疲れや不快な冷え性でお悩みの方はぜひ、トライしてみてください。

疲れや冷え性に負けない身体作りで冷え性を予防・改善して、心と体の疲れも癒しましょう。

Copyright© 2015 疲れや冷え性に負けない身体作りをしたい All Rights Reserved.