疲れや冷え性に負けない身体作りをしたい

「他の何よりも勝る疲れ対策法は睡眠である」と述べましたが、その根拠を睡眠の仕組みという観点から考えてみましょう。 睡眠は、身体は眠っているが脳は活動している「レム睡眠」と、脳は眠っているが身体は活動している「ノンレム睡眠」の2種類から構成されています。 “夜にまとまった睡眠をとる場合”は、この2種類が交互に入れ替わり、“軽い居眠りや午睡をする場合”はノンレム睡眠だけで構成されることがほとんどです。 このように、睡眠をとっている間であれば、単に横になっている場合や、座ってぼーっとしている時のように「体だけは休まっているが、脳の活動は全く停止しておらず、脳が休めていない」状態とは異なり、人間のあらゆる行動の源である脳を休めることが可能となっているのです。 以上のような理屈を考えると、「睡眠こそが他の何よりも勝るベストな疲れ対策法である」と断言しても、全く問題がないのではないでしょうか? だからこそ、質の高い睡眠時間を十分に確保することが重要です。

Copyright© 2015 疲れや冷え性に負けない身体作りをしたい All Rights Reserved.